豊田すずき眼科|豊田市の眼科・小児眼科・日帰り白内障手術なら当院へ

豊田市の眼科なら豊田すずき眼科。赤ちゃんからお年寄りの方まで目のことなら何でもご相談ください。白内障、緑内障、ドライアイ、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性、斜視、弱視、小児眼科、コンタクトレンズ、ロービジョンなどあらゆる眼科診療を行っています。日帰り白内障手術など豊富な手術実績。豊田市、岡崎市、みよし市、名古屋市、安城市、刈谷市、知立市、日進市、長久手市、西尾市、高浜市、豊川市、幸田町、蒲郡市。

 0565-26-7111
〒471-0832 愛知県豊田市丸山町3丁目68-5

こどもの目について
『三歳児健診で弱視の早期発見を!』
      


こどもの目の発達について
生まれたばかりの赤ちゃんの視力は0.01くらい、生後3ヶ月で 0.1生後6ヶ月で0.2くらいの視力です。3歳までに視力は急速に発達し、3歳で0.6~0.95歳では1.0以上となります。視力は生まれたときは未熟ですが、「くっきりと物を見る」ということによって発達していくのです。
まだ
見にくさなどを訴えれない幼い時期に、視力は発達するのです。三歳児健診で、視力がきちんと発達しているかどうかをチェックし、異常を発見することはとても大切なことなのです。 
      



弱視とは?
視力の発達する期間(生後すぐ~8歳くらい)に、眼の病気・異常・ケガなどにより、ものをくっきりと見ることが妨げられると、視力の発達は遅れてしまいます。これを弱視といいます。



弱視の原因は?
斜視弱視しゃしじゃくし
片方の目の視線がずれている状態(斜視)では、その目は物を見ていない状態になり、視力が発達しません。

        
  
            

不同視性弱視ふどうしせいじゃくし
片方の目に強い遠視や乱視があると、その目はぼんやりとした(ピンぼけの)物しか見ることができません。これを不同視といいます。この目はくっきりとした物を見る機会がないので視力の発達は途中までで止まってしまいます。

屈折性弱視くっせつせいじゃくし
両方の目に強い遠視や乱視があると、いつもぼんやりとしたものしか見ることができず視力の発達が止まってしまいます。

形態覚遮断弱視けいたいかくしゃだんじゃくし
まぶたがいつも下がっていて黒目(瞳孔)をおおっている眼瞼下垂や、眼帯で目をおおっていた場合、生まれつきの白内障(先天白内障)の場合、その目には光が入りません。その目は物をみることができず、視力が発達しません。

  



弱視の早期発見は?
弱視の目は生まれてからずっと物を見ていないか、あるいはピンぼけの状態で過ごしています。両目の弱視の場合は、テレビや絵本をとても近づいて見たり、目を細めたりすることがあります。片目の弱視の場合は、良いほうの目を隠すととても嫌がったりすることがあります。しかし、症状が何もなくまったく気づかない場合も多いです。目つきがおかしい(斜視)など、保護者の方々が見てわかるものは多くありません。
    
 
そこで、三歳児健診の価値があるのです。三歳児健診での視力検査で低い値が出ても、保護者の方々はふだん全然症状がないから、きっとうまく答えられなかっただけだろうと思っていることがありますが、それは大きな間違いです。普段から症状があれば、わざわざ視力検査をしなくても発見できるのですが、残念ながら無症状である場合がほとんどなのです。
三歳児検診はとても大切な健診です。

  
  


弱視の治療は?
弱視の治療で重要なことは早く発見して早期治療を行うことです。視力の発達期間を過ぎてから治療を始めても、治すことができません。弱視の治療は原因になっている病気によって違います。
①斜視弱視の場合
斜視が原因の場合には、良いほうの目を眼帯(アイパッチ)で隠して悪いほうの目だけを使う時間を作ります。悪いほうの目の視力が発達してから斜視の手術を行うことが多いです。斜視の種類によっては先に手術することもあります。まず、遠視の眼鏡をかけてから手術をする斜視もあります。
         
②不同視性弱視の場合
遠視や乱視などが原因の片目だけの弱視の場合は、眼鏡をかけてピントをあわせてくっきりと物が見えるようにした上で、良いほうの目を眼帯(アイパッチ)で隠します。

③屈折性弱視の場合
遠視や乱視が原因になっている両目の弱視の場合は、眼鏡をかけて物をくっきり見ることによって視力を発達させます。この眼鏡は常にかけておくことが大切です。見にくいときだけかけるだけでは不十分であまり効果がありません。

④形態覚遮断弱視の場合
眼瞼下垂、先天白内障が原因の場合は、まずその手術をします。その後に、他の弱視のように眼鏡をかけて、視力を発達させます。





【三歳児健診のよくある質問Q&A】


Q.『うちの子は目がいいと思うのですが、三歳児健診で視力検査が必要ですか?』
A. 三歳児健診で弱視が発見された子の多くは普段の生活では何も症状がなく、家族は目が悪いなんて思っていなかったことが多いのです。私たち大人は新聞の字を読んだり、車を運転したりしますので、少しでも見にくいと「おかしいな」と自覚します。でも、乳幼児は言葉では「見えない」と言いません。両目ともとても視力が悪いこどもは、テレビをくっつくようにして見るなどしぐさで保護者が気づくことがありますが、片目だけの弱視の子は、まず気づくことはありません。視力検査をして初めてわかるものなのです。
また乳幼児は0.2程度の視力があれば日常生活は不自由なく送ることができます。三歳児健診で弱視が見つかった子の保護者の方が「小さな虫や、遠くの飛行
機を誰よりも先にみつけるのに」と驚かれることがよくあります。しかし、弱視であれば早期治療しないと、発達期間を過ぎてしまうと、もう手遅れで治療できないのです。
         



Q.『弱視の子は多いのですか?』
A. 弱視は1~2%といわれています。滋賀県の調査では、治療が必要な弱視のこどもは、1.4%でした。
         



Q.『三歳児健診で弱視と言われ、眼鏡をかけるように言われました。こんなに早くから眼鏡をかけなくてはならないのでしょうか?この子も姉も目が悪い(近視)のですが、眼鏡は小学校4年生からでした。』
A. この3歳の弱視のお子さんが、眼鏡をかけないで10歳になってから眼鏡をかけても、もう視力の発達期間が過ぎてしまっていますから、視力はでません。手遅れになってしまいます。お姉ちゃんは、後天性の近視で、もともと視力が発達したあとから起こった近視なので、眼鏡をかけたらよく見えているはずです。
裸眼視力(眼鏡もコンタクトレンズも使わずに自分の目だけ見たときの視力)が悪くても、矯正視力(眼鏡やコンタクトレンズをつけたときの視力)が1.0あるなら、3歳から眼鏡をかける必要はありません。この3歳のお子さんは、治療が必要で眼鏡は薬のようなものです。この場合は、療養費支給の対象であり、補助を受けられます。
          


Q.『三歳児健診で弱視と言われ、眼鏡をかけるように言われました。いつまで眼鏡をかけなくてはならないのでしょうか?』
A. 弱視を治療しても、残念ながら裸眼視力が良くなるわけではありません。弱視のお子さんは、どんなに良い眼鏡やコンタクトレンズを使っても年齢相応の視力がないのです。弱視の治療目的は、「矯正視力」で1.0を出すことだと考えてください。
なお、お子さんが成長するにしたがって、遠視や乱視の程度が変化することはあります。弱視を克服して、矯正視力1.0となった後に、幸い遠視や乱視の程度が変化した結果、裸眼視力で不自由なく生活でき、眼鏡が不要になる場合もありますが、弱視の治療が終わったお子さんが、みんな眼鏡をはずすことができるわけではありません。

               



Q.『弱視治療のための眼鏡を常にかけています。毎日2時間良いほうの目に眼帯(アイパッチ)をして悪いほうの目だけで見る時間もつくっています。家庭でできることは他にありませんか?』
A. 眼鏡をかけて細かい物をしっかりみることが弱視治療の基本です。目が悪いからといって、遠くの緑をぼんやりと見ていても、治療の効果はでません。眼鏡でピントを合わせて細かいぬり絵やパズル、ビーズ通し、絵本の字探しなど、お子さんの好きな細かい遊び作業をさせて、しっかり目を使わせてあげてください。